CAREER QUEST(キャリアクエスト)|なりたいキャリアをみつけるブログ

ブログリニューアル計画実施中

【業界研究】【随時更新】バイオ医薬品に関する仕事ができる企業たち

calendar

reload

【業界研究】【随時更新】バイオ医薬品に関する仕事ができる企業たち

GONです。

医薬品の売上上位のうち、バイオ医薬品の割合が年々増えています。バイオ医薬品とは、簡単に言えばバイオ技術を利用したタンパク質やペプチド、核酸などの医薬品です。

世界では、アムジェンやギリアドなどベンチャーから急成長した企業も多く、また日本の企業も新薬メーカーを中心に様々な企業がそれぞれの強みを生かしバイオ医薬品に関する事業へ積極的に投資しています。まさに、今伸びている業界でもあります。

 

この記事は、ぼくの経験を中心に転職希望者や新卒の就活生に役に立つ企業リストを作成しました。また、コメント等は、今後も随時更新していくスタンスでございます。

 

新薬メーカー

  • 中外製薬:日本を代表するバイオ医薬品メーカー。世界的なバイオ企業であるロシュグループの一員で、ジェネンテックとも結びつきがある。抗体医薬品のアクテムラの売上は堅調らしい。他、グループの開発力を生かし、パイプラインにバイオ医薬品の開発候補品が複数連ね、次世代バイオ医薬品の開発も盛ん。製造部門は中外製薬工業として分社化している。拠点は東京の北区浮間で、中外製薬工業のメインプラントは栃木の宇都宮。現在、複数のキャリア採用を実施中。
  • 協和発酵キリン:旧協和発酵工業と旧キリンファーマが合併してできた日本を代表するバイオ医薬品メーカー。ポテリジェントなどの独自技術を持つ。バイオ医薬品に関する生産開発拠点は群馬の高崎。キリンホールディングスの一員。
  • 武田薬品工業:言わずと知れた日本の製薬業界をリードするビッグカンパニー。バイオ医薬品の研究開発の国内拠点は山口の光。
  • 第一三共:群馬の館林の拠点。
  • アステラス製薬:つくばに拠点。
  • 小野薬品工業:抗PD-1抗体であるオプジーボを販売。
  • 大日本住友製薬:再生医療関連が中心。

 

後発品メーカー

バイオ医薬品の後発品をジェネリック医薬品とは呼ばず、バイオシミラーと呼びます。残念ながら、日本においてバイオ医薬品の後発品の品目は少ないのが現状です。お隣の韓国や台湾のバイオ企業がこの分野での実績を伸ばしています。

バイオ医薬品と一般の低分子医薬品では、製造方法も全く異なります。製造設備も別に用意しなければならず、レギュレーション(規制)の面からも、現在の後発品メーカーが「時代はバイオ医薬品だから」と簡単に参入できるものではありません。バイオに参入するには、設備、コスト、豊富なノウハウ、そして何よりもまず人材が必要です。

  • 明治Seikaファルマ:韓国企業と提携して、バイオシミラーの開発に取り組んでいます。小田原に事業所があるようです。
  • JCRファーマ:兵庫の芦屋に本社を置く元バイオベンチャー(旧日本ケミカルリサーチ)。現在は東証一部上場の企業です。独自のバイオ技術を持ち、グラクソスミスクラインとも業務提携中。成長ホルモン剤グロウジェクトなどのバイオ医薬品をラインナップ。近年では再生医療にも力を入れており、一品目承認も取得した。セルプロセッシングセンターも開設。

 

ワクチンメーカー

ワクチンメーカーもバイオ医薬品の製造・販売をする企業としてカウントされることが多いので、ご紹介します。国内のワクチンの市場はほぼ下記の4社で寡占されていると言われます。

  • 化学血清及び研究所:一般財団法人です。法令違反をしたことで有名な熊本の企業です。現在は、信頼回復に努力されているようです。ワクチンだけでなく、血液製剤にもラインアップを持ちます。抗体医薬などの新規のバイオ医薬品の開発にも取り組んでいるようです。
  • 阪大微研:一般財団法人です。研究は大阪大学の附置研究所が行い、その製造を阪大微研が担っているようです。香川の観音寺に大きな研究施設があります。
  • デンカ生研:ワクチンや各種検査薬を取り扱うバイオ企業です。新潟に拠点を置きます。もともとは東芝のバイオ部門でしたが、現在では名前の通りデンカ(旧電気化学工業)の完全子会社です。
  • 北里第一三共ワクチン:第一三共80%と学校法人北里研究所20%の出資比率のワクチンメーカー。現在、キャリア採用を募集中のようです。

バイオテクメーカー

兼業メーカー

 

CMO(製造受託)

CMOとは、Contract Manufacturing Organizationの略で、医薬品製造受託機関のことを指します。つまり、治験薬や商用で使用される医薬品(承認されて医師から処方される医薬品)の製造を受託で取り組む企業のことです。製造に限らず、なかには医薬品の製造工程開発(プロセス開発)を請け負うなど、各企業で業務範囲が異なります。

CMOが注目されている理由に、新薬メーカー等の経営資源の集中があります。昔と比べて、現代は新薬が生まれにくい時代です。かつては血圧を下げる薬だったり、主に大衆薬が盛んでしたが、現代ではがんやアルツハイマーなど特定の疾患に絞った研究開発が行われ、研究開発コストを圧迫します。企業は生産を外注化して、研究開発に資源を集中させたい狙いがあるようです。

  • MGCファーマ:三菱ガス化学(MGC)のグループ会社であり、MGCで培ったバイオ技術をもとに、世界的にニーズが拡がる抗体医薬品などの受託生産を担っているようです。
  • 東洋紡:日本国内では旭硝子と並んで、老舗のCMOです。もともとは東洋紡バイオロジックスという会社を分社化して、事業に取り組んでいましたが、東洋紡本体に吸収合併されました。
  • 旭硝子:旭硝子は独自の酵母培養技術(ASPEX)を用いて、早くからバイオ医薬品の受託製造に取り組んでいます。開発にも力を入れているようです。千葉に4,500L培養槽を備えた大規模生産拠点を保有します。
  • 神戸天然物化学:神戸に本社を置く神戸天然物化学では、微生物培養に力を入れているようです。
  • アピ:岐阜県の会社です。UMNファーマと組んで、バイオ医薬品の受託製造に参入しました。製剤化の部分がメインです。また、自社でもがん研究会と提携し、抗体医薬品の新薬開発に乗り出したところです。
  • 日本全薬工業

 

バイオベンチャー

 

資材・原材料メーカー

 

エンジニアリングメーカー

研究所やプラント(工場)の製造設備の企画、設計、調達から建設、さらに運用・保守など管理を行うのがエンジアリングメーカーです。プロジェクト単位で仕事をします。国内だけでなく、海外での事業展開も盛んな企業が多く、海外出張も多いです。

特に、バイオ医薬品のプラントでは高品質・低コスト・スピード・フレキシビリティ・安定供給において極めて高いレベルが求められます。(出典:東洋エンジニアリング

  • 千代田化工建設:スケールアップの支援も行い、バイオ医薬品の製造プラントの実績が豊富です。
  • 日揮:日本最大手のエンジニアリングメーカーです。
  • 東洋エンジアリング:千代田、日揮と並んで日本におけるエンジニアリングメーカー御三家の一角です。
  • IHIエンジニアリング:重工業の大手IHIのプラントエンジニアリング部門です。バイオ医薬に関して実績があり、ラボから生産スケールまでの開発も担います。
  • 大成建設:上記の企業とは異なり、生産設備と合わせて、建物の建設も担い、実績もあります。
  • 日立

 

バイオ設備メーカー

バイオ医薬品で、設備においてシェアを持つ企業は海外企業がほとんどですが、ここでは国内メーカーをご紹介します。

  • 日機装:ポンプ技術に強み。製造用クロトグラフを中心にラインナップあり。
  • 栗田工業:医薬品開発・生産において最も重要な水に関する事業を手掛けています。また、国産でのバイオ医薬品向けの大型クロマトグラフの開発に成功したようです。
  • 丸菱バイオエンジ:業界内での知名度・信頼度抜群。微生物発酵など培養装置に強み。

 

分析・サービス

 

団体

 

外資系企業

  • Thermo Fisher Scientific(サーモ):アメリカ系のライフサイエンス企業。2014年、Life Technologies(ライフテクノロジーズ)を買収。旧Life Technologiesは、旧Invitrogenと旧Applied BioScienseが統合してできた会社。
  • GE Healthcare Japan(GEヘルスケア):旧Amersham の流れを汲むアメリカ系のライフサイエンス企業。精製設備、精製基材にシェアと強みを持つ。
  • Merck(メルク):ドイツ系のライフサイエンス企業。2010年、アメリカ系のMillipore(ミリポア)を買収し、傘下に。さらに、Sigma Aldrichも買収し、細胞培養・原材料関連を強化。
  • Sartorius Stedius(ザルトリウス):ドイツ系のライフサイエンス企業。
  • Pall(ポール):ドイツ系のライフセイエンス企業。

 

【番外編】再生医療関連

近年、産業化に向けて製薬メーカーに限らず、多くの企業が参入しています。これから間違いなく市場は拡大していくでしょう。

エンジニアも強い!パソナキャリア

パソナキャリア

大手転職エージェントの一角。求人数はリクルートやDODAほどではないは、質は良い(ほとんどが非公開求人)。担当者の執拗さもなく、自分のペースで転職活動を進めたい人向け。メディカル部門が独立して存在し、バイオ系の求人紹介実績も多数!ぼくの担当者も紹介可能。詳しくはお問い合わせフォームから。

とにかく転職だ!求人数最強なのは


インテリジェンスが運営する転職サービス。求人数はとにかく多い(ほとんどが非公開求人)。大手求人も多数保有するが、中堅や中小、ベンチャー求人も保有する。エージェント担当者が専任でつき、求人の紹介や応募の手続き等、進めてくれる。バイオ系の求人もあるが、どちらかと言えば視野を広げたいと思う人に向いている。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 自己紹介

はじめまして、皆様。
more...