CAREER QUEST|なりたいキャリアをみつける

ブログリニューアル計画実施中

【エージェントを使わずに転職を決めた人へ】誰も教えてくれない年収交渉のコツ【70万円UPに成功】

calendar

reload

【エージェントを使わずに転職を決めた人へ】誰も教えてくれない年収交渉のコツ【70万円UPに成功】

GONです。

「収入アップ」

これはサラリーマンにとって永遠のテーマではないでしょうか。

仮に月収が2万円上がれば、年間では24万円の年収アップです。

待遇に不満を抱えて転職する人も多いのも現実。年収が上がれば生活にゆとりが生まれたり、増えた分は将来の備え(貯蓄)に回すこともできます。

1. エージェントを使わなかった人の年収交渉

もしも転職エージェントを利用して転職先を決めたならば、年収交渉は転職エージェントのアドバイザーがあなたに代わって行います。

しかし、転職エージェントを使わずに、転職先を決めた場合は誰がやるんでしょうか。

答えは、それは自分です。満足がいく年収を提示されればいいのですが、自分でやるしかありません。

企業と年収交渉を自分でしたくない方は、転職エージェント、つまりプロに頼ることをおススメします。

関連:大・中・小、内資・外資問わず10社以上の転職エージェントを利用して思うエージェントの利用価値

今回は自力で年収交渉に挑み、少しでも年収を高くするためのエッセンスや、具体的な方法についてお伝えします。

企業から内定を受けとるまでが転職活動ではありません。待遇に不満を抱えたまま入社を決めてしまえば、入社後に再転職となる場合もあるでしょう。

内定後の年収交渉は大切なプロセスです。100%希望通りにはいきませんが、企業と交渉をしなければ年収アップは見込めません。

今回の記事では、年収交渉・条件交渉に自分から挑む場合、どのような点に気を付けるべきかを経験者の視点からお伝えしたいと思います。

 

2. 面接で聞かれる年収

面接でも年収について質問されることがありますが、ここでの金額はあくまで参考程度と思ってもらって差し支えないと思います。

好印象を持たれがたいために「少し低めに言ってしまった!」としても大丈夫です。

あなたは既に評価を受けて、内定を得ているのですから、少しだけ気持ちを強く持ちましょう。

転職後の年収が確定するのは、内定を受け取ってから承諾するまでの期間です。この期間で特に交渉しなければ、企業が決めた金額が転職後の年収(予定)となります。

 

3. 年収交渉について

人にお金の話(給料上げて~)をすることに抵抗ありませんか?ぼくは抵抗がありました。

しかし、この期間で年収交渉をしなければ、年収は上がりません。抵抗はあるけれども、勇気を振り絞って企業に意思を伝えなければなりません。例えば、極端な話ですが年収500万の人が1000万にして欲しい、と明らかに無理な交渉でなければ、年収交渉が理由で内定が取り消されることはありません。

年収交渉をするうえで、ベースとなるのは現在の年収となります。あなたの現在の労働に対する価値が「現在の年収」であるともいえるからです。その金額を基準に、各社の給与テーブルや社内的バランスを鑑みて決定するものと思います。転職によって、役職が与えられて責任が上がれば年収アップも見込めそうです。

実際、転職活動をしていた時、とある転職エージェントのアドバイザーから聞きましたが、転職によって年収が上がる人よりも、現状維持(横ばい)やむしろ下がる人が圧倒的に多いそうです。これは転職によって社内での評価がゼロになるからでしょう。

関連:【転職のきほん】転職することで失うものについて考えてみました

 

4. 給与規定・昇給テーブルは会社によって異なる

会社によって給与規定(給与水準)や昇給テーブルは異なります。業界によっても水準は変わります。

現在が給与水準が高い会社(高給な会社・職種)の人が、給与水準の低い会社に移るケースでは、必ずしも現在の年収が維持されるかと言われると、それは厳しいかもしれません。実際にぼくのケースでは外資系→日系の時には年収はダウンしました。

会社には給与支払いに関する規定が存在し、あなただけ特別扱いすることができません。その会社の給与規定にならって、新しい年収が決まります。

ケーススタディで見てみると、平均年収が800万円、平均年齢39歳の会社に、現在の年収800万円、31歳の人が転職したとします。

31歳の時点で新しい会社の平均年収相当を貰っているわけですから、この場合、前職の給与規定と新しい会社の給与規定が水準が合ってないと考えられます。転職をすれば給与規定は当然、新しい会社の給与規定に準じて年収が算出されるので、この場合は良くて現状維持、場合によっては年収ダウン、それも大幅ダウンとなるかもしれません。逆に39歳で300万円の人が前述の会社へ転職をしたならば、それこそ100万円以上の年収アップ事例もあると思います。

年収というのは色々な要素が絡んで決定されるということです。

 

5. ぼくが年収交渉の時にしたこと

ここからはぼくの実体験です。

WEBで見つけた求人から外資系企業へ転職を決めました。ベンチャーへ転職した時は、インテリジェンスのDODAで決めていたので、エージェントを使わない転職はこれが初めてでした。

たまたま知り合いに元enジャパンで転職事業に関わっていた方がいたので、事前にどのようにしたら年収アップが実現するかと相談もしました。しかし、厳しいよ、期待しないで、とネガティブなことを言われていました。

 

考え方1:釣った魚のエサは安ければ安い方がいい

illust1425

海を転職市場とし、その中で泳ぐ魚を求職者・転職希望者とします。

企業は釣り人です。企業は、苦労の末に自社に見合った人材の魚(内定者)を何とか釣り上げることに成功しました。しかし、喜びもつかの間、釣った魚にはこれからエサを与え続けなければなりません。その釣り人の自宅には、他にも釣った魚がいます。既に多くの魚を飼っていて、エサも毎日山のように与えているのです。

基本的に、新しい魚へのエサは安ければ安い方がいいものです。何故ならエサは釣り人にとってコストとなるからです。

そこで、釣り人である企業は釣った魚である内定者に、安い金額でオファーを出します。安い金額とはいえ、常識の範囲内であり、現在の年収に基づいた金額だと思われます。

考え方2:見えないレンジがある

実は、その金額ですが、はっきりとは見えませんがレンジがあります。レンジとは、範囲のことです。

現在の年収が500万円とすれば、500±50万円となり、この50万円をレンジとします。釣り人である企業は、エサは安ければ安いと嬉しいので、レンジの下限値の450万円でオファーを出すイメージです。このオファーとは業界用語でも何でもないのですが、「うちに来てほしい」と企業が内定者に申し出る言葉です。内定者がそれに応じなければ、550万円までは財布のひもを緩くしていると考えてください。この例でいえば、450万円ならよし、500万円なら打倒、550万円ならやや高い買い物だったということになります。

 

6. How to 年収交渉

提示された金額を見て、納得できるか、できないかを決めます。

納得できるのであれば、もう受け入れて、入社準備に移りましょう。しかし、受け入れられず、もっと年収を上げて欲しいと考えるのであれば、希望金額を採用担当者へ伝えることから始まります

この金額には妥当性がなければなりません

この妥当性とは、自分自身がその金額を企業側が払うに値する人材であることを示す根拠となります。職歴・経歴・資格・経験・スキル等を使って、自分自身を売り込むことはこれまでの面接で散々してきたわけです。その面接での評価と各社の給与規定に基づいて、企業側が算出した金額がはじめに提示された金額になると言えます。

希望金額と、その妥当性さえ示すことができれば、年収アップも可能と言う結論になります。

 

7. レンジと妥協点

先ほどご説明したレンジと妥協点について、もう一度説明します。

繰り返しになりますが、レンジは企業側が許容できる金額の範囲といえます。

魚の例では、エサとして安いミミズを与えておきながら、「最高級のエサであるウニを求められたら厳しいが、その次に贅沢なカニくらいなら出してもいいかな」、と釣り人である企業は裏では考えているのです。

従って、初めに提示された金額はレンジ下限値とみなすことができ、それより下がることはありませんが、年収アップしたとしても上り幅が決まっているのが現実です。提示された年収が500万ならば、レンジ上限は600万円までと企業側は決めています。もちろん転職希望者へは開示しません。

このレンジですが、±0であることも十分考えられます。給与水準があまりに違いすぎれば、企業からのオファー金額で妥協するしかないときもあります。

方法としては、年収交渉ではこのレンジを読む力が大切になります。この例で600万円上限のとことを、800万円の希望金額を伝えるのはナンセンスということになります。自分の市場価値を正しく、厳しく評価して希望金額は伝えましょう。

次は妥協点です。

提示された年収が500万円(レンジ500~600万円)を例にすれば、内定者も500万円は納得できないけど、さすがに550万円と50万の値上げを申し出る妥当性は見つからない。それでも、経験やキャリア、役職・資格等を根拠に20万円を上げて欲しいと伝えたとします。企業も500万~600万円の許容幅のなかでは「買い」だったわけですから。20万円のアップであれば企業側も妥当性があればその条件を飲むと想定できます。それで妥協点520万円で交渉は落ち着くと思われます。これで年収20万円UPです。このようなイメージです。

誰しもが年収アップを望む気持ちは分かりますが、明確な根拠もなく希望金額を伝えることは危険です。繰り返しになりますが自分の市場価値を評価したうえで、希望金額は慎重に伝えましょう。

 

8. 70万円の年収アップに成功

ぼくの場合、現職の年収を伝えることを工夫しました。在籍した3年間の年収を比べた時に、2年目の時の年収が高かったので、その年の源泉徴収票と直近の給与明細3か月分を企業へ提出しました。残業代で年収が変動していたので、最も忙しかった年度を現在の年収とできないかと交渉しました。

それでも、企業側から初めに伝えられた年収は、ダウン提示でしたので、正直、その金額では納得がいきませんでした。そこから年収交渉に移ります。

  • 家賃水準のアップ(都会は家賃が高いため)=生活で使えるお金が実質減る=年収ダウンと同じ
  • 車を所持しているから駐車場代が別途かかる=上記と同じ理屈で年収ダウン(これは今、振り返れば自己都合なので言わない方がいいです)
  • 活躍するためには自己啓発が必要=年収ダウンでは生活にゆとりがなくなり自己啓発が後回しになる

生活にゆとりがなくなるから、基本給を月○万円上げて欲しいと交渉しました。気持ちは汲んでみてくれたようで、実際の希望金額には達しませんでしたが、それでもインセンティブを含めずに70万円の年収アップに成功しました。基本給が上がることで、賞与の金額も上がるので、それで70万円のアップとなります。さらに、インセンティブ分を含めれば、トータルとしては100万円以上の年収アップになりました。

 

9. まとめ

いかがでしたか。

年収交渉では、希望金額を伝える際には根拠となる理由も添えるようにしましょう。あとは、話の中で許容幅と妥協点を見抜いて、少しでも希望する金額に近づくように慎重に交渉しましょう。

転職では、転職エージェントを積極的に利用しましょう(費用は一切かかりません)。エージェントを使っていれば年収交渉もエージェントがあなたに代わって行います。

  • DODA転職サービス(運営会社:インテリジェンス)

 

この記事をシェアする

コメント

down コメントを残す




folder 自己紹介

はじめまして、皆様。
more...