CAREER QUEST(キャリアクエスト)|なりたいキャリアをみつけるブログ

ブログリニューアル計画実施中

転職で応募書類が通らないと嘆く前にもう一度見直したい7つのポイント

calendar

reload

転職で応募書類が通らないと嘆く前にもう一度見直したい7つのポイント

GONです。

第二新卒を含む転職活動において、最初の関門となるのが「書類選考」です。

転職では、履歴書と職務経歴書によって最初のふるいにかけられます。

今回は、なかなか応募書類が通らないと嘆く人のために、応募前に見直したいポイントや知っておきたいポイントを簡単に整理してご紹介したいと思います。

1. ぼくの経験談

初めに、ぼくの経験談をお伝えします。

第二新卒の転職活動では、応募書類はほとんど通りませんでした

それはもともと未経験で、業界を変えたいと思っていたからです。

その業界の、就きたいと考えていた仕事で役に立つ業務経験は皆無でした。そして、新卒入社から1年も経たないうちに転職活動をしていたので、現職でも目立った実績がないままでした

あとは、年齢も若かったこともあり仕事を俯瞰的に捉えられず、薄っぺらい職務経歴書を書いていたと思います。

2回目の転職活動では、社会人経験も職種経験も年齢の割にある程度積めたので、書類で不合格となることはほとんどありませんでした。

この経験から応募書類を通すためには、何がポイントとなるのかを考えてみたいと思います。初めに書類選考で不合格となる理由、ベスト2についてお伝えします。そのあとにぼくが思う見直したい7つのポイントをお伝えします。

 

2. 経験不足という判断

転職活動を応援するブログを運営していながら残酷なことを書きますが、やっぱりこれが多い気がします。

企業が中途で採用する最大の目的は、経験者を採用して、すぐに即戦力として活躍してもらいたいからです。

新卒は4月からと決まっているし、社会人経験がないので学校のように一から社会人マナーを教えないといけません。

一方、中途で入社する社員の場合には4月と言わず、一年中何月でも入社可能なうえ、他社で同じような業務を経験しているので教育にかける時間とコストを減らすことができます。

 

3. 転職回数が多いと嫌われる

転職を繰り返す人を極端に企業は嫌います。

つまり、転職回数が多いとそれだけ評価は下がります。特に、1年以内の転職を繰り返しているような人は見向きむしません。即、お断りの場合もあります。

それでも、回数が多いとはいえ転職によってキャリアアップを実現していたり、魅力的な経験を持っていれば話は別です。転職回数が多い場合、転職活動における軸・企業選びの軸を示すことが必要と感じます。

関連:【転職回数に悩む20・30代へ】転職回数より大切なのはブレのない骨太な軸である

 

4. 見直しておきたい7つのポイント

それでは、7つのポイントについて見ていきましょう。

① 未経験の職種に応募してないか?

中途採用はそもそも経験者採用とも言われるように、未経験者が経験のない職種に応募することは難しいとされています。それでも、可能性があるのであれば、それを信じて書類を送りたくなる気持ちも分かります。

厳しいことですが、未経験は不利となることを覚悟しておきましょう。そもそもが難しいわけです。

もしも、募集要項に「未経験者歓迎、一から教えます」と書かれているポストの場合は、この限りでないのかもしれません。

 

② 経験年数がマッチしているか

同じく募集要項には、「○○ 3年以上」のように、ある業務の経験年数を応募における必須条件としている場合が多々あります

例えば1年しか経験していないのに、3年以上の求人に応募していませんか?これも経験不足という判断です。

しかし、これは企業によって判断が分かれるのですが、シビアな企業はとことんシビアですし、緩い企業は緩いです。もしかすると第二新卒のように年齢が若ければ、経験年数が足りてなくても、若さとやる気とポテンシャルさえ評価されれば面接に呼ばれることもあると思います。

あとは、きっちり3年に満たなくても2年6か月のようにほぼ3年であれば3年として扱ってくれる企業もあります(経験談)。

 

③ 年齢に相応しいキャリアであるか

会社というのは、20代の若手から30代の中堅、40代の課長クラス、50代の部長クラスと、年齢が高くなるにつれて役職が与えられ、各自の経験量に応じて業務において様々な権限が与えられ、時には判断を迫られます。

従って、年齢に相応しいマネジメントスキルやリーダーシップが見られます。このようなスキルは、いきなり身につくものではないので、やはり業務における経験が必要ということでしょう。

基本的に年齢が高くなる、もしくは役職がつくにつれて年収は高くなるわけですから、年齢が高い人と年齢の低い人が同じスキル・経験であった場合は、年齢が低い人(=つまり年収が低く低コスト)が選ばれます。

 

職務経歴書の書き方

職務経歴書の作成では、社会人経験が長いほど、経験した部署・業務が多いほど、書くのが難しいと思います。

④ 直近の経歴が具体的に書かれているか

やっぱり企業が気にするのは直近の経験です。

直近の職務経験には一切触れずに、前々前職での職務経験ばかりが書かれた職務経歴書を送ってしまっては、その人が今何をしている人なのか分かりませんし、古い経験ばかりを書かれても今も当時と同じパフォーマンスが出せるかどうかなんて証明できません。我々は所詮、忘れる生き物ですから。

大切なのは、今どんな職務に就いていて、何が出来るかです。

また、具体性に欠けるのも評価されません。

企業は、書類1枚で会ってみるかどうかを判断します。その材料を与える立場のぼくたちが、具体性のないことばかり書いていたらどうでしょうか。その判断の土俵にすら立てないと思います。

転職活動におけるライバルは全く見えません。有名企業になればなるほど、その見えないライバルは強敵です。彼らに勝つ、もしくは同等と判断されなければ面接には呼ばれません。

 

⑤ 職務経歴書に一貫性を持たせているか

自分自身を商品に例えてみると分かると思いますが、自分のPRポイントを把握していますか

それが職務経歴書を読んだ時に伝わるでしょうか。

ここで大切なのは一貫性だと思います。長年にわたって複数の業務を経験をしている人は魅力なのですが、全部を伝えようとすると職務経歴書というたった1枚の紙の中ではブレてきます。だからこそ、あらかじめ自分自身を売り込むポイントを絞って、一貫性を持って書いてみましょう。

その時に、応募する職種で求められる経験を自分なりに推測し、仮説を立ててみてください。相手のニーズを知り、それに合わせて自分を変化させることも転職活動では必要なことだと思います。ウソをつくわけではありません。自分の別の一面を見てもらうのです。

 

履歴書の書き方

職務経歴書だけでなく、履歴書も手が抜けません。顔写真だって、見られていますよ。

⑥ 履歴書が自分にあったフォーマットのものか

履歴書も自分自身をアピールするための材料です。

職歴・業務経験が多いのに、全部書ききれなかった…という方は、履歴書のフォーマットを見直す必要があります。

書店に行けば、コクヨなど文具メーカーが色々な履歴書を販売していますし、現在ではインターネットでフォーマットをダウンロードしてエクセルで記入することもできます。

自分の良さがアピールできる履歴書のフォーマットを探してみたらどうでしょうか。

 

⑦ 誤字・脱字がなく丁寧に書かれているか

履歴書のような重要な書類で、誤字・脱字があると「仕事を与えても手を抜く人かな?」と思われます。

こんなつまらないところで評価を下げないように、提出前には2~3回読み返してみましょう

 

5. まとめ

いかがでしたか。

もしも書類でお困りな方がいましたら、メールでお気軽にお問い合わせください。

エンジニアも強い!パソナキャリア

パソナキャリア

大手転職エージェントの一角。求人数はリクルートやDODAほどではないは、質は良い(ほとんどが非公開求人)。担当者の執拗さもなく、自分のペースで転職活動を進めたい人向け。メディカル部門が独立して存在し、バイオ系の求人紹介実績も多数!ぼくの担当者も紹介可能。詳しくはお問い合わせフォームから。

とにかく転職だ!求人数最強なのは


インテリジェンスが運営する転職サービス。求人数はとにかく多い(ほとんどが非公開求人)。大手求人も多数保有するが、中堅や中小、ベンチャー求人も保有する。エージェント担当者が専任でつき、求人の紹介や応募の手続き等、進めてくれる。バイオ系の求人もあるが、どちらかと言えば視野を広げたいと思う人に向いている。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 自己紹介

はじめまして、皆様。
more...