バイオでメシ、喰ってやる!

エンジニアのためのキャリアブログ

研究したい…?研究者というキャリアについて

calendar

reload

研究したい…?研究者というキャリアについて

久しぶりにブログを更新します。前回の更新から特に仕事が忙しかったわけではありませんが、なかなか機会に恵まれませんでした。

そして、たまたま昨日、博士号を取得し、現在も同じ大学の同じ研究室でポスドク(後述する)として勤務する後輩くんと食事をして参りました。

そこで、彼の夢ある話や、目を背けたくなるような現実まで、ざっくばらんに色々な話ができました。

そんなこともあって、今回は「研究者」というテーマでお届けします。

 

研究者という道

バイオ系に限ったことではありませんが、理系の学部・学科を卒業、修了された方であれば、一度は進路の選択として「研究者」という道を考えたことがあるのではないでしょうか。

研究者、科学者…世のため、人のために、新しい発見や夢を現実にする開発など、夢溢れる仕事だと思います。

 

研究者になるには、博士の学位取得は必須とは言いませんが、ほとんどの研究者は博士持ちと考えていいと思います。

特に、大学や国立研究所で研究をしたいと考えている場合は、学士や修士では歯が立たず、博士号を取ったうえで輝かしい実績がなければ、まず採用されないと思います。

一方で、民間企業で研究員として勤める場合、必ずしも博士の学位は必要ありませんが、修士は必要です。民間企業でも、高学歴が集う製薬企業で研究したいと考えるのであれば、博士の学位を持つ研究員が多いです。そもそも製薬企業で研究職として採用されるのは狭き門です。

これらに共通するのは、研究員として雇われる立場にあるうちは、少なくとも自分がしたい研究ができるとは限りません。特に、民間企業では研究テーマは選べないと思っていいかもしれません。

 

研究者のポスト

研究者と言えば…

  • 大学の教員・国立研究所の研究員
  • 独立行政法人研究所の研究員(理研など)
  • 地方自治体運営の研究所の研究員
  • 民間企業の研究員
  • ポスドク
  • 派遣研究員

上記のようなポスト(職のこと)が想定されます。今回の記事では、ポスドクと派遣研究員についてご紹介します。

 

ポスドクについて

ポスドクとはpost-doctoral fellow(博士後研究員)のことを指します。

ポスドクは、科学研究費(科研費)によって雇われた研究員で、その性質上無期限の雇用はあり得ず、任期付きのポストです。

より具体的に言えば、例えば大学の先生が研究を進めるためには、まずお金が必要です。お金は、国から科研費として引っ張ってくるわけですが、お金があるだけでは研究は進みません。加えて、人とモノも必要です。大学の研究室であれば、人の部分は学生にさせる場合もありますが、より大きなプロジェクトとなれば研究を専門に進める研究員が必要となります。このようなケースには、ポスドクが選ばれます。

ぼくの後輩くんも同じですが、ポスドクというポストは雇用が不安定です。そして、年齢と学位がある割には薄給であり、手当や福利厚生、賞与もありません(これらが付いたポストもあるかもしれませんが…)。プロジェクトが終わり、任期を迎えれば解雇となり、次のポストがある保証はどこにもありません。従って、ポスドクとして雇われている時に、人脈を作って、自分から安定したポストを探す人も多いです。

 

派遣研究員について

派遣研究員は、いわゆる派遣社員として民間企業で働く研究員です。

派遣先の紹介は、人材派遣会社が仲介業者として存在します。

仲介業者はどんな会社かと言うと…

例えば、上記の会社を指します。

派遣先は民間企業がほとんどですが、中には大学や国立研究所等で勤務する人もいるようです。

ぼくの友人にも派遣社員という身分で、企業や大学等で研究をしている人がいますが、転勤が非常に多く、とにかく大変そうです。派遣先の社員ではなく、派遣会社の社員という立場である以上、派遣先の方針に従うのが当然で、短期間で職場を離れなければならない場合もあるようです。その度に新しい居住環境や職場内での人間関係を再構築する必要があります。同じような経験が積めればいいのでしょうが、専門性がつく前に職場を移動せざるを得ないこともあるようです。

また、派遣社員の場合、派遣先において正社員と比べて責任の範囲が狭く、また業務が限られることもあるようです。

中には派遣先でそのまま正社員として…と夢を描く人もいるようですが、それはほんの一握りの人たちの話ですし、幻想とも言えるのかもしれません。しかしながら、ぼくの先輩さんは、そのまま派遣先の製薬企業で正社員として採用されました。

もちろんタイミングもありますが、派遣先に優秀な人材であることを認めてもらわなければなりません。

基本的に期限のある派遣社員と無期限である正社員にはメリットとデメリットがあり、企業が派遣社員を雇用するのにも正社員を雇うより安いことや、テンポラリーな雇用ができるなど、目的があるわけですから、簡単に正社員として雇用とはいかない現実があります。

研究者になりたい…と第二新卒や転職で派遣会社を検討されている方がいたら、ぼくはあまりおススメしません。

派遣研究員を選ぶのであれば、まずはべンチャー企業など小規模でもユニークで特徴のある企業で研究員として働いてみて、そして時期が来たら夢を追いかけて大手企業の研究員を目指してみてはどうでしょうか。

 

明確なビジョンを持つ

もしも研究者になろうと思えば、明確なビジョンが必要だと思います。

学位(博士)は取得するのか、何を成し遂げて(成果や業績)、将来はどうしたいのか(企業で研究するのか、大学に残るのか、海外で研究したいのか)など、あらかじめ定めておくといいと思います。

ぼくも経験がありますが、学士や修士で研究職に就けなかった人は、研究職に就くことが目的となっていることが多いです。上記の派遣研究員としてキャリアをスタートする場合もありますが、厳しい現実だと思います。民間企業の研究職の場合は、将来においてずっと研究ができる保証はありません。研究職の人が開発や品質管理・品質保証に異動したという例を知っています。それも一人だけでなく、何人もです。研究職の夢が叶わなかったならば、別の進路を検討するのも賢明な判断なように思います。

 

研究員はそもそもポストが多くなく、なかなか辞める人もおらず流動性を欠いた職種です。転職市場においても希少価値があります。運やタイミングも必要ですが、研究員になりたい人は頑張って挑戦して欲しいと思います。

 

【参考】博士が100人いる村

これは有名な「世界がもし100人の博士だったら」を博士に置き換えた創作童話です。このような現実も実際あるのでしょう…

 

企業研究者についてもっと詳しく知りたい人は

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 自己紹介

はじめまして、皆様。
more...