CAREER QUEST|なりたいキャリアをみつける

ブログリニューアル計画実施中

理系就活生が在学中に持っているとイイなと思う2つの資格!

calendar

reload

理系就活生が在学中に持っているとイイなと思う2つの資格!

就活生だけど、人に誇れる資格がない!

何か資格を取りたいけど、どうせなら仕事や就活で役立つものがいい、と思いませんか。

ぼくが思う理系学生が在学中に持っていたらイイなと思う資格を紹介します。

難易度が高い資格ではないので、挑戦してみてください。

 

簿記三級

え?いきなり、簿記!?と思われるかもしれません。

簿記です。

簿記三級のレベルですが、商工会議所のホームページには以下のようにあります。

ビジネスパーソンに必須の基礎知識経理・財務担当以外でも、職種にかかわらず評価する企業が多い。
基本的な商業簿記を修得し、経理関連書類の適切な処理や青色申告書類の作成など、初歩的な実務がある程度できる。
中小企業や個人商店の経理事務に役立つ。

(出典:商工会議所

ここにもあるように簿記三級はビジネスパーソンの基礎知識です(マジで)。

基礎知識だったら、会社の研修でやるんでしょ?と思っても、普通の会社ではやりません。何故なら、知らなくても仕事は成立するからです。なんとかなります。

簿記三級を取得すると、会社に入った時にお金の流れが分かるようになります。もしも、取得できなくても、簿記3級の内容は最低限理解しておくといいと思います(もちろん取得するにこしたことはないですが)。

社会人で会社勤めであれば自分が働く会社の収益は見れるようになりましょう。ぼくも会社員です。労働の対価としてお給料を貰っていますが、それは会社のどこのお財布から出るでしょう。

答えは、簿記の中にあります。ビジネスや会社における理解が深まると思います。

会社という組織は収益を出して、税を納めることで社会へ貢献・還元します(もちろん製品やサービスを通じた貢献もあります)。

収益を出せない会社はというと、潰れます。収益が多ければ多いほど会社にとってもハッピーですし、そこで就業する従業員もハッピーになります。

ところが、いざ会社内で仕事をすると、この会社の基本的な構造が頭から抜けてしまうのです。

 

簿記三級を取得しておくと、これから会社員になった時に「数字」が見えてきます。何がコストか、そして自分たちの収益を最大化するには、どうするべきか?と考えられるようになります。

入社したての頃は、新入社員同士、学歴や年齢の差はあれど、そんなに大差ありません。ところが、会社の研修やOJT、そして各自の業務へとだんだんと巣立っていく中で、少しずつ差が見えてくると思います。入社して、数年経つ頃には知らないと笑われるレベルになるのが簿記3級の内容なのです。

例えば、減価償却という言葉をご存知ですか。

この言葉の意味を知ることで、収益がより見えてきます。固定資産(施設や設備、機器など)を取得したら、会社はその価値を減価償却しなければなりません。この減価償却費は収益を圧迫します。なぜでしょうか?答えは、簿記三級の中にあります。

簿記3級の試験日は、一年で3回です。次は2月にあります。まだ間に合います。以下の参考書を使って、練習しましょう。慣れたら簡単です。

簿記三級の対策ならば

オンライン資格対策

忙しくて時間が作れない方でも効率的に学習できます。簿記3級なら月額1000円で、有名講師の講座を自宅で受講できます(登録は無料)。

他にも、その他会計系の資格や、法律系、弁理士や公務員などの対策講座も用意されています。

 

書籍で学習

一番上の本はぼくが学習に使いました(当時とは版が違いますが)。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 自己紹介

はじめまして、皆様。
more...