バイオでメシ、喰ってやる!

エンジニアのためのキャリアブログ

【書籍紹介】面接の苦手を克服!転職活動を成功させるために読むべき本

calendar

reload

【書籍紹介】面接の苦手を克服!転職活動を成功させるために読むべき本

ぼくにはその気持ちよく分かりますが…面接が苦手な人って多いですよね。

面接という非日常で、普段通りのコミュニケーションができればいいのですが、現実は…

そんな人には、この本をおすすめします。今ならamazonでなんと、なんと3円!!お安い!!

 

ストレートで秀逸なタイトル

まず、目に留まるのは秀逸なタイトル!

「転職で成功したいのなら演技しろ。」

このタイトルには、筆者である菊原氏が読者に伝えたいメッセージが詰まっています。

 

筆者の主張

筆者の菊原氏は、ありのままで自分で勝負するほど面接は甘くない!と主張しており、学歴、実績、秀でたスキルがないのであれば、弱者の戦い方を知って希望する会社からの内定を勝ち取れ!という考えをお持ちです(※ぼくなりの解釈)。

自身も住宅営業の仕事で、「できない営業マン」から独自のメソッドで「できる営業マン」へと昇華し、売上・成績を伸ばしていきました。この営業活動を通じて培った経験を、転職での方法論に置き換えたものになります。

 

心当たりありませんか

ところで、現在、お仕事をされている人ならば、お客さんの前に立つときと、同僚と話をしているとき、上司に報告をしているとき、仕事のいたる場面でそれぞれ別のキャラに自分を変えていませんか?

キャラを変える?いやいや、全てが紛れもなく自分自身なのです。つまり、皆が普段からできていることを転職という場面でもやりなさい、ということです。お客さんの前に立つのに、同僚と話をするようにヘラヘラしている人はいません。

もしも、そのような態度を見せれば、お客さんからの信用も失い、離れていってしまうかもしれません。お客さんの前に立つときには自分の中でも「できる人」を演じているのだ、と筆者は言います。

 

ハウツー本(マニュアル本)ではない

この本は、巷であふれたハウツー本とは異なります。予測質問に対して、どうやって答えればいいの?っていうマニュアルをお探しの方は読まない方がいいです。

新卒の面接でもいい思い出がない…3年、5年経ったけど、転職活動でもうまくいくか不安だなあ、と少しネガティブ思考の方が読み、マインドを変えるのにおすすめしたいエッセンスが詰まった本です。人によっては物足りなさを感じるかもしれませんが、損はしない内容かと思います。比較的大き目な文字、読みやすい文章で書かれているのですぐに読むことができます。

 

きっと、あなたの周りには仕事ができるかどうかはさておき、周りからの信頼が厚く頼りになる同僚や、大手企業の内定をたくさん貰っていた友達など、自分とは住む世界が違うんじゃないかな?と思うような人がいると思います。

この本は自信をつけて、その人たちの振る舞いと同じように演じればいい、と教えてくれます。

 

今なら中古でamazonで3円!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 自己紹介

はじめまして、皆様。
more...