バイオでメシ、喰ってやる!

エンジニアのためのキャリアブログ

【書きたいシリーズ】後悔しない転職をするには「手段を目的としないことだ」

calendar

reload

【書きたいシリーズ】後悔しない転職をするには「手段を目的としないことだ」

今日は、後悔しない転職について考えて、書いてみます。

後悔しない転職って難しい。

個人差はありますが、転職活動中・内定を受けてから・入社前にどれほど、その会社のことを念入りに調べても、やっぱり入社後は何かしらのギャップを感じます。

何故かと言うと、

百聞は一見に如かず  ←  これです、マジで。

 

後悔しない転職をするために、ぼくが思う大切なことは、ただ一つ「転職活動における心構え」です。

 

転職は目的にならない

これ大事です。

ぼくたち転職を志す者は、転職することや、目先の内定を取ることが目的でしょうか。

いや、違います。転職はキャリアの自己実現の手段に過ぎず、内定は通過点に過ぎません。

本来転職する者が考えなければならないのは入社後の自分の姿なのです。

もしも内定を取ることが目的になっていたら、転職後に「失敗した!また転職だ!」ってなりかねません。

だから、内定が取れたと安心しないで、しっかりと自分自身と向き合って、本当にこの会社でいいかを考えて欲しいです。

転職活動が長期化するにつれ、段々と転職が目的となっていく人が多くいます。

転職活動を始めた当初は、「転職で〇〇を成し遂げるぞ」と意気込んでいたはずですが、段々と本来の目的を失い、転職活動で書類を書いて提出したことで満足したり、面接に行くことで満足したりと、やがては書類作成も面接も面倒になり、億劫になっていきます。

転職は、職を転ずると書きます。

職を転ずることでしか叶えられない思いがあるから、ただ転職を手段として使っているだけです。とにかく自分が転職で成し遂げたいこと(仕事内容、お金、ライフワークバランスなど)を、転職用の手帳に書いておくなど、活動中は本来の目的を思い出せるようにしておくといいと思います。

 

本当にやりたい仕事かどうか見極める

何かやりたい仕事があって、転職する場合です。主には、未経験転職が該当します。

入社前、その仕事を自分がしたいと思っていても、実際やってみると思うような仕事ではなかったり、自分には合わなかったこともあると思います。また、同じ仕事でも会社によって多少はカラーも違いますから、見極めるのは難しいです。

 

対策としては、その仕事に従事している人を探して聞くこと(SNSを利用してもよい)や、内定交渉中に職場見学の機会を設けてもらうなど情報を得るには自分から行動を起こすことが必要です。また、入社後に過度な期待はしないことです

やりたいことができるわけですから、それは内定を承諾した時から入社日が待ち遠しいでしょう。そのホットな気持ちのまま入社するから、ちょっとのことでも違和感を覚え、入社後との温度差からこんなはずじゃなかったと後悔するのだと思います。

 

入社後の職場環境だけは選べないから、順応する力を養う

会社や仕事は選べても、そこで働く人や会社の雰囲気など環境は残念ながら選べません。どうすることもできないのです、こればかりは。

中途で入社した人には、その職場の人間関係やルール・規則、環境に順応する力が求められます。

前の会社ではこうだったはご法度です。そんなことは、新しい会社の人には一切関係のないことです。

中途で入社しているのだから、新しい会社の環境に自分を合わせていく覚悟が必要になります

そうすれば、入社後に雰囲気に合わなかったらどうしようという心配も減っていくと思います。

 

環境に慣れてきたら、自分の意見を主張して、変えたいところは変えていけばいいと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 自己紹介

はじめまして、皆様。
more...