CAREER QUEST(キャリアクエスト)|なりたいキャリアをみつけるブログ

ブログリニューアル計画実施中

後悔しない転職をするには「手段を目的としないことだ」

calendar

reload

後悔しない転職をするには「手段を目的としないことだ」

GONです。

後悔しない転職をするためにすべきことを考察してみます。

後悔しない転職って難しいです。学生時代のようにインターンシップ制度でもあればいいのですが、結局は目で見た情報と耳から入った情報で企業を選ぶしかないのです。実際に働いてみて、合うか・合わないか決めて欲しいと言われればいいのですが、そんなことできるはずがありません。

個人差はありますが、入社前にどれだけ不明な点をクリアにしたとしても、入社後には大なり小なり何かしらのギャップを感じます。

いかに後悔しない転職をするか、それはただ一つ「転職活動における心構え」を変えることです。

1. 転職は目的にならない

これ大事です。

転職を志す者は、転職することや、目先の内定を取ることが目的でしょうか。

それは違うはずです。転職はキャリアの自己実現の手段に過ぎず、内定は通過点に過ぎません。

本来、求職者・転職希望者が考えなければならないのは入社後の自分の姿なのです。

もしも内定を取ることを目的としていたならば、転職後に「失敗した!また転職だ!」となりかねません。転職では内定を取ること自体難しいものではありません。だからこそ「内定が取れた」と安心しないでしっかりと自分自身と向き合って、「本当にこの会社でいいか」どうかを考えて欲しいのです。

必ず自分の希望と照らし合わせて内定した会社を判断して欲しいのです。

 

2. 転職活動の長期化が招くこと

転職活動が長期化するにつれ、段々と転職が目的となっていく人が多くいます。

転職活動開始当初は、「転職で〇〇を成し遂げるぞ」と意気込んでいたはずですが、段々と本来の目的を失い、転職活動で書類を書いて提出したことで満足したり、面接に行くことで満足したりと、やがては書類作成も面接も面倒になり、転職活動自体が億劫になっていきます。

転職は、職を転ずると書きます。

職を転ずることでしか叶えられない思いがあるから、ただ転職を手段として使っているだけです。とにかく自分が転職で成し遂げたいこと(仕事内容、お金、ライフワークバランスなど)を、転職用の手帳に書いておくなど、活動中は本来の目的を思い出せるようにしておくといいと思います。

 

3. 本当にやりたい仕事かどうか見極める

何かやりたい仕事があって、転職する場合です。主には、未経験のポジションで転職に成功した方が該当します。

入社前には、憧れやイメージで自分はその仕事がしたいと思っていますが、実際やってみると思うような仕事ではなかったり、自分には合わないと感じることもあると思います。また、同じ仕事でも会社によってカラーの違いがありますから、入社前にしっかりと見極めることです。

対策としては、その仕事に従事している人を探して直接聞くことでしょう(SNSを利用してもいいと思います)。また、内定交渉中に職場見学の機会を設けてもらうなど情報を得るには自分から行動を起こすことが必要です。

 

4. 過度な期待はしないこと

入社後の自分の姿に胸を弾ませることはいいと思いますが、最初から過度に期待してしまうと入社後にギャップを強く感じる恐れがあります。些細なことにも違和感を覚え、積もりに積もっていくと「こんなはずじゃなかった…」とまた再転職をすることになるかもしれません。自分にとって理想に近い会社はあると思いますが、100%理想通りの会社というものはありません。

 

5. 環境に順応すること

会社や仕事は選べても、そこで働く人や会社の雰囲気など「職場環境」は残念ながら選ぶことはできません。

中途で入社する者は、その職場の人間関係やルール・規則、環境に順応する力が求められます。

役職者でない限り、前の会社では「こうだった」はご法度です。そんなことは、新しい会社の人には一切関係のないことです。途中から仲間に加わっているわけですから、そこは新卒と一緒で新しい会社の環境に自分を合わせていく覚悟が必要になります

この心構えができていないと、先ほど述べたように「違和感」ばかりが積もりに積もっていきます。自分から合わせる勇気を持てば、入社前の心配も減っていくと思います。

入社後、環境に慣れてきたら自分の意見を主張して、変えたいところは変えていけばいいと思います。そこは戦略的に、空気を読んで行いましょう。

 

6. まとめ

いかがでしたか。

後悔しない転職をするコツをお伝えしました。ポイントは、転職は目的ではなく手段であることです。

また、自分が本当にやりたい仕事かどうかを見極めるためには、その仕事をしている人を探してみたり、自ら行動することも大事だと思います。

そして、環境面は入社してみなければ分かりませんが、新しい会社のカルチャーに順応していくことも転職する者にとっては必要なことだと思います。

エンジニアも強い!パソナキャリア

パソナキャリア

大手転職エージェントの一角。求人数はリクルートやDODAほどではないは、質は良い(ほとんどが非公開求人)。担当者の執拗さもなく、自分のペースで転職活動を進めたい人向け。メディカル部門が独立して存在し、バイオ系の求人紹介実績も多数!ぼくの担当者も紹介可能。詳しくはお問い合わせフォームから。

とにかく転職だ!求人数最強なのは


インテリジェンスが運営する転職サービス。求人数はとにかく多い(ほとんどが非公開求人)。大手求人も多数保有するが、中堅や中小、ベンチャー求人も保有する。エージェント担当者が専任でつき、求人の紹介や応募の手続き等、進めてくれる。バイオ系の求人もあるが、どちらかと言えば視野を広げたいと思う人に向いている。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 自己紹介

はじめまして、皆様。
more...