バイオでメシ、喰ってやる!

エンジニアのためのキャリアブログ

今をときめくベンチャー企業で就業したぼくが思う「ベンチャーのいいところ・わるいところ」

calendar

業界問わず、ベンチャー企業やスタートアップ企業に興味がある人は多いはず。確かにベンチャーやスタートアップってどこかカッコいいイメージがあります。しかし、いざ就業することを考えるとイメージだけでは続きません。現実を知る必要があります。

20代の半ばから後半のキャリア形成において大切な時期をベンチャー企業で過ごしたぼくが考える「ベンチャーのいいところ・わるいところ」をまとめました。

「覚悟さえあれば経験が鍛えられるのがベンチャーである」ぼくは思います。

東証一部の安定企業では絶対に経験できなかったであろう業務や、背負うことのなかったであろう責任、会社経営を間近で見ることができ会社の成長を肌で感じられるのがベンチャーです。

これからベンチャーで働いてみようと考えている人だけでなく、将来は起業を考えるような人も社会経験として一度ベンチャーやスタートアップ企業に身を置いてみるのもありです。得られるものは多いはず。

 

ベンチャーのいいところ・わるいところ

ぼくが大切な20代後半をバイオベンチャーの事業化に捧げ、感じた「いいところ」と「わるいところ」をそれぞれ列挙していきます。ぼくはバイオベンチャーでしたが、ITなどの他業界でも本質は変わらないと思います。

バイオベンチャーに興味がある方は、こちらの記事もよろしくお願いいたします。

今をときめくバイオベンチャーで働いてみたら、こういうところだった

まずは、「いいところ」を6つ!

 

6つのいいところ

① 意思決定が早い

バイオベンチャーに限らないですが、ベンチャーはとにかく意思決定が早い。

もともと従業員3000人規模(単体)、連結では7000人~8000人規模の東証一部上場メーカーでキャリアをスタートさせましたが、ベンチャーとその東証一部企業では会社としての意思決定スピードが格段に違います。

例えば、何か設備を購入したいと考えた時、通常は決定権を持つ人から承認を受けるため、稟議書を書いたりしますが、ベンチャーの場合、社長も同じ社屋で、同じフロア、同じ事務所内に座っていることがあり、直接顔を合わせて承認を受け取ることができます。

上記は具体的な業務に関する事例ですが、会社の意思決定においてもそれは同じです。

意思決定機関である取締役会の開催も役員が同じ社屋にいれば開催も容易であり、会社の行方を左右するような重大な意思決定も早く行うことができます。

ベンチャーに就業してみれば、そのスピード感を感じられると思います。

 

② 少数精鋭であること

東証一部企業の場合、組織が機能しており、業務の細分化がなされ、人の役割が明確です。

一方、ベンチャーは少数精鋭で、一人に課せられる業務範囲がとにかく広いです。

大手企業では、専門にこなす社員がいてもいいような業務でもバイオベンチャーでは社員が協力し、持ち回りでこなさなければなりません。ベンチャーでは経験する業務の幅が広がります。

なかには、会社の成長に直結するような仕事まで分担して行うため、会社への帰属意識が芽生え、やりがいを持って仕事に取り組めるのも特徴です。

もう一つは、少数精鋭であるがゆえに、組織に柔軟性を持たせられます。

それはどういうことかと言うと、ベンチャーも組織を持っていますが、大手企業のようにガチガチに役割が決まったものではありません。突発な問題・課題によく直面するベンチャーでは、その組織の枠を超えて柔軟に対応しなければなりません。もともと社員数も少ないので、組織の枠に捉わていては仕事が進まないという側面もありますが。

これは普段大手企業に勤めている人には想像がしづらいことかもしれません。

そして、少数精鋭は年齢や社歴に関わらず責任のある仕事を次々に任せてもらえるところも魅力です。

ぼくの場合、とある仕事でアメリカ合衆国に2週間滞在し、現地企業の社員と共に仕事をした経験があります。大手企業では20代後半の若手に任せるような仕事ではないと思います。

 

③ 世界の先端技術が身につく

バイオベンチャーの場合、技術の開発が起業のスタートとなっている例も多いです。

特に、大学発のベンチャーに多く、まだ世界の誰も見たことがない画期的な治療法を開発するなど、技術者・研究者冥利に尽きるような経験がベンチャー企業ではできるかもしれません。

バイオに限らず、ITなどの他業界でも技術先行型のベンチャー企業が複数存在するでしょう。

 

④ 新規事業の立ち上げ経験が得られる

現代において、あらゆる業界の企業で日々新しい事業計画が企てられ、今までの常識ではあり得なかった新規参入が起きています。

例えば、カメラ大手のニコンという会社がありますが、ニコンは再生医療産業へ参入しています。

このように、目まぐるしく移り変わる産業構造、社会構造の変化に遅れまいと、企業はこぞって新規事業の計画を打ち出し、その存在感を示し、活路を開こうとしているのです。

従って、転職のマーケットにおいて新規事業の立ち上げ経験のある人材は重宝されます。

ベンチャーで我慢強く事業の立ち上げを経験すれば、仮にそのベンチャーの経営が行き詰っても、その経験は高い評価を受けることになるかもしれません。

実際、私が転職活動をしていた時、大手製薬企業や外資系製薬企業の複数社から高い評価を受けました。

 

⑤ 問題・課題に対する対応力や解決力が身につく

大手企業のように歴史があるわけではなく、立ち上がったばかりのベンチャーでは社内の誰もまだ経験したことがない問題・課題によく直面することが多いです。

通常の会社であれば、その解決策等は経験やノウハウとして蓄積されていますが、ベンチャーにはノウハウなどほとんどありません。

だからこそ、自分たちで解決策を考え、実行に移していく必要があります。ここにやりがいを感じる人はベンチャー向きでしょう。

そのプロセスのなかで学べることは想像以上に多く、段々とその経験を積みあげることで、問題・課題が起きても動じなくなるほどの対応力や解決力が身につくようになります。

 

⑥ まるで家族のようなアットホームな社風

ベンチャーでは、事業の安定化や収益化が優先されます。

そのため、従業員はその事業の成功という共通の目標を持って仕事にあたるため、通常の会社と比べて一体感が生まれやすい環境にあります。

会社の経営状況が厳しい時期も、そこから上向き成長を感じられるような瞬間もともに一緒であるため、まるで家族のような存在となっていくことでしょう。

家族のようなアットホームだから良いというわけではなく、何事もバランスが大事なので、行き過ぎればなあなあな関係になっていきます。メリハリが大事だと思います。

 

 

次に、「わるいところ」を4つ!

 

4つのわるいところ

① 休みなく働かされることがある(残業時間、激務)

仕事以外にもオフの日(プレイベート)も充実して過ごしたいという人にはベンチャーは向かないと思います。

詳しくは触れませんが、少ない社員数で仕事を回すため、業務過多となる傾向が高いのがベンチャー企業です。

大手企業にお勤めの方は、人が足りないならば人を雇えばいいと考えるかもしれないが、事業化に集中したいベンチャーにとって、人を一人雇うことも簡単なことではないのです。(人件費を含む固定費は最大のコストです!)

 

② 待遇が悪い

特に、賞与面に不満があります。

あなたが現在お勤めの会社では、賞与は支給されていますか?

それをあなたは当たり前のように受給しているのかもしれません。実は、賞与というのは、本来支払われることが約束されたものではないのです。

 賞与とは、一般に、給与とは別に年末や夏期に支給される一時金のことをさしますが、労働基準法上の賞与の取扱いは、「定期又は臨時に、原則として労働者の勤務成績に応じて支給されるものであって、その支給額が予め確定されていないもの」とされています。つまり賞与は、毎月支給される給与などとは異なり、労働契約上の債務にあたるものではないため、必ず支給しなければならないという性格のものではありません。

(出典:http://hurec.bz/qa/7/2010/08/post-15.html

賞与は会社の業績によって会社が従業員に定期(通常は夏と冬)、または臨時に支払う報酬のことです。

ベンチャーに入社する覚悟をしたならば、ビジネスモデルにもよりますが会社が安定して収益が出るまでの数年間、賞与は支給されないものと考えておくといいです。特に、医薬関連は何年もかけて開発していくものなので、ITと比べたら事業の進行はどうしても遅くなります。

事業が成功したらすぐにお金持ちになれる、なんて単純な思考は捨てることでしょう。

賞与以外の給与も会社の収益に関連があるため、収益がない、低いベンチャーでは低く抑えられていますし、福利厚生(家賃手当・家族手当・退職金など)も手厚いとは言えません。

 

③ 組織の統制が働かずストレスとなる

ベンチャーのような企業では、組織の上位者も責任者でありながら、自分自身が担当者として業務にあたることが多く、業務過多状態が続きます。

そのため、組織の統制という観点では機能していないことも多く、従業員にとってストレスになることがあります。

例えば、理不尽な業務指示や、突発で緊急性の高い仕事の発生や、スケジュールや納期遅れによる対応などが挙げられますが、これは少数精鋭(人手不足)によるシワ寄せとも考えることができます。

このため、中途で入社した人でも、一週間足らずで辞めていく人も稀にいます。

ベンチャーに過度な期待はしてはいけないと思います。現状に不満があれば、自分自身が業務を通じて良くしていこうとする気概が必要でしょう。

 

④ 無理な経営計画を立てる

はっきり言って、バイオベンチャーの場合、いつ倒産してもおかしくない経営状況にある会社が多いです。

国からの補助金や銀行からの融資、または株式を上場しているような会社では株主からと資金繰りには苦労することが多いです。経営陣は、現実(社内のリソース)をよく理解しないまま、無理な経営計画を立てて、実行しようとします。

会社の方針と従業員のモチベーションに差が生まれると、社内の雰囲気は悪くなり、ストレスを感じた社員は退職するなど悪循環へと陥ります。ベンチャーに入社をするのであれば、数年の経営計画によく目を通しておきましょう。

 

最後に

ここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

ベンチャー企業のことを知ってもらえたでしょうか。ただ、今回の記事はあくまでもぼくが経験したベンチャー企業を通じて感じたことです。世の中に溢れるすべてのベンチャー企業やスタートアップ企業が当てはまるものではありません。

今回は、以前ご紹介したnoteに掲載したコラムより一部改変して紹介しました。

バイオベンチャーに特化したコラムは記事はこちらでも紹介しています。もっと生々しいことを書いていますので、興味があれば是非お問い合わせください。

【note】20代後半の大切な時期をバイオベンチャーで過ごしたら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 自己紹介

はじめまして、皆様。
more...