バイオでメシ、喰ってやる!

エンジニアのためのキャリアブログ

【筆記試験対策】SPI3/SPI-G(WEBテスティングサービス)の攻略

calendar

reload

【筆記試験対策】SPI3/SPI-G(WEBテスティングサービス)の攻略

転職活動が順調に進むと、企業側から筆記試験の案内を受けることがあります。筆記試験における対策についてお伝えします。

 

転職活動における採用試験の実態

まず、転職活動では企業によって選考で筆記試験を課すところ、課さないところがあります。

全く課さない会社もありますが、採用に至るまでに何かしらの試験を課してくると考えていいと思います。なかには、会社独自の筆記試験を行う会社もありましたし、やはり大手企業を中心に主流なのが新卒の就職活動と同じくSPIと呼ばれる試験でした。

面白いところで、固定電話を使って実施する英語のヒアリング力とスピーキング力を試す試験を課してきた外資系企業もありました。

 

「WEBテスティングサービス」の攻略法

SPIのWEBテスト版である「Webテスティングサービス」の攻略法について考えていきましょう。

他にもWEBテストはありますが、転職のSPIではWEBテスティングサービスがメジャーです。

新卒の就活を思い出し、あの頃の感覚を取り戻すために訓練あるのみです。

 

SPIとは

SPIは、国語・算数などの能力を測る「基礎能力適性検査」と、性格の特性を測る「性格適性検査」で構成されています。このうち「基礎能力適性検査」は言語問題非言語問題に分かれています。

言語問題は、基礎的な語彙力や文章の読解力が求められ、「二語の関係」、「語句用法」「長文読解」などのジャンルから出題されます。非言語問題は、基礎的な計算能力、論理的思考が求められ、「比率」「図表読み取り」「確率」「推論」などのジャンルから出題されます。

言語も非言語も中学から高校1年レベルの問題がほとんどですが、SPI独特の言い回しなど、対策が必要です。「性格適性検査」は、答えないと性格の傾向を測る尺度が表示されないこともあります。全問解答という心がけで臨みましょう。

(出典:キャリタス就活2017)

上記がSPIの説明となります。現在のSPIは「SPI3となっています

大学生の新卒者向けの就職活動を一度でも経験したことがある人であれば、SPIを受験した経験はあると思います。時間をかければ解ける問題ばかりです。必要なのは問題に慣れ、基本的な解法を把握しておくことです。

実際の試験では解答時間が限られており時間配分を意識して解答しなければ取り返しのつかないことになります。試験本番では、焦りからか簡単な問題であっても難しく感じるかもしれません。答えに迷ったら飛ばす勇気も必要です。

 

SPIの種類

実はSPIにはいくつか種類があります。転職者向けのSPIは「SPI-G」です。

  • 転職者向けのSPI:SPI-G
  • 新卒者向けのSPI:SPI-U
  • 高卒者向けのSPI:SPI-H
  • 英語検査のSPI:ENG

企業は、転職希望者には転職者向けのSPIであるSPI-Gを案内します。SPI-GとSPI-Uの違いは、出題範囲の差です。SPI-Uには能力検査の非言語で「縮尺」と「方角」が出題されない程度で、従って転職者向けのSPI-Gの方が難易度が少し高めです。

 

WEBテスティングサービスとは

上記のSPI3をWEBテストとして自宅で受けられるようにしたものが「WEBテスティングサービスです。こちらも新卒の就活で一度は受験したことがある人がほとんどかと思います。

企業からメールで案内が届き、自宅で電卓叩きながら、画面にくぎ付けになって受けたWEBテストです。

似たようなWEBテストで玉手箱、TG-WEB等がありますが、WEBテスティングサービスの問題形式はSPIがベースとなっています。他に、テストセンターがありますが、テストセンターの自宅版がWEBテスティングサービスとも言えます。

案内を受けてから期限内であれば自宅で気軽に受けられます。ただし、解答は一度きりです。

このWEBテスティングサービスについて、さらに詳しく知りたい方はSPIノート会のページをご確認ください。

WEBテスティングサービスの案内が届くと以下の3点が必要な準備物として記載されています。

◆受験に必要な準備物(能力検査受験の場合のみ)

・電卓

・筆記用具

・メモできるもの

試験中は、電卓も使えますから普段から使い慣れたものを準備ください。

 

筆記試験がWEBテスティングサービスか否かの見極め方

企業から筆記試験として下記のメール文面の案内が届いたら、その試験は「WEBテスティングサービス」です。

そのヒントはテストを受験するためのURLに「arorua.net」の文字が含まれます。

◆あなたのIDはXXXXXXXXです。

◆下記URLから手続きを行ってください。

http://arorua.net~(テストを受験するためのURL)

※URLをクリックしても正しく表示されない場合は、URLをコピーし、
ブラウザのアドレスバーにはりつけてください。

◆受検可能期間

XXXX年X月X日 X時XX分 ~ XXXX年X月X日 23時59分

◆検査の所要時間は約65分です。

※事前の環境確認の時間は含まれておりません。

時間に余裕をもって受検いただくことをお勧めいたします。

※該当しなかった場合、下記で紹介されている手順で該当のテストを判別してください。

 

転職者向けのSPI3の対策はこの2冊のうち1冊で十分!

以下の転職者用SPIの対策本のうち1冊は買って問題に慣れておきましょう。

大規模な書店でない限り、転職者用SPIの対策本は店頭に並んでいません。ネットで購入してください。手っ取り早くておすすめです。あとは新品を購入する必要はないので、amazonで中古品を購入するのも良いでしょう。その際、問題文に答えが書き込まれていないことを確認しましょう。

 

ぼくは、一番行きたいと思っていたバイオ系企業の面接前にこのWEBテスティングサービスを課されました。問題の量とパターンを知りたかったので、上記の二冊を使って対策しました。

例題を見て解き方のパターンを覚える → 練習問題を解く → 答え合わせ

二冊ともこの流れです。転職活動が終わってからamazonで二冊とも売却しましたが、ともに良本だと思います。

 

書籍以外にもSPI対策がある

http://saisokuspi.com/

ぼくは2冊の本で問題に慣れてから、出題パターンを覚えるために上記の「Study Pro」を使いました。問題数が他の類似サイトを圧倒しています。さらに、最新のSPI3に対応しているのでオススメです。無料なのがまた嬉しい。

 

合格基準は?

転職活動における、筆記試験の合格基準は合ってないようなものです。

それは、新卒の時には多数の応募者から基礎学力という尺度で絞り込むために筆記試験をする会社も多かったので、一定のラインがありました。ところが、転職活動では、新卒のように何千人もの応募者がいることはまずありません。ゆえに、落とす試験にならないことが分かるかと思います。

「○○会社 筆記試験 合格ライン」

と検索すれば合格ラインが出てくるのかもしれませんが、それはあくまでも新卒の就職活動でのお話です。この試験結果をどう使うのかは企業によって異なります。ボーダーラインを設けて能力を見極めるのか、参考程度にするのか、平均レベルの学力を有することだけを確認するなど。

受験さえしてしまえば、「果報は寝て待て」です。

一度綺麗に忘れて面接対策に時間を使うことをおすすめします。満点を取らなくても筆記試験は通過できるので安心してください。

 

新サービスの告知

現在、就活生(転職希望者も可)を主な対象に、エントリーシート・履歴書の添削サービスを開始しました。

興味がある方は、以下のサイトへアクセスし、ぼくのサービスをご利用ください。

ありがたいことに、ご好評いただいております。

単なる添削だけでなく、学生では気づきにくい社会人の視点を含め、その依頼者がこれから始まる就活で長期的に成長していけるようなサポートを心がけています。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 自己紹介

はじめまして、皆様。
more...