コーチングを受けた50代男性。キャリアデザインに年齢は関係ない

私は大手商社で30年ほど勤務を続けてきました。30年も同じ会社で働いていると、自然と収入は上がり、会社での地位もそれなりに高いものになってきます。私には妻と2人の子どもがいますが、難のない生活を送れていますし、たまに家族旅行ができるくらいの余裕があります。比較的恵まれた生活を送っていた私が、どうして転職を決意したのか。理由を簡潔に言えば、惰性を感じ始めていたのだと思います。

私が就職活動を行なっていたのは、いわゆる就職氷河期と呼ばれる時期でした。私はそれなりに学業や社会貢献に関する活動に積極的であったことから、就職氷河期の影響は少なかったです。そういうわけで、私は第1志望であった会社から内定をいただき、そこで30年間働くことになりました。入社した直後から、同僚や上司に恵まれ、高いモチベーションを保って仕事に励むことができていました。私の妻との出会いも会社であり、社会人の生活としてほぼ理想に近いものだったのではないかと思います。

私が年を重ねるにつれて、時代の風潮も変化し始めました。私の若い頃は、若者至上主義とでも言うべきか、若者を最優先して採用する企業がほとんどでした。ところが近年では、中高年でも新しく採用する企業が増えてきています。中高年の方々は、それぞれのフィールドで技術を培ってきています。そういった点が高く評価される時代になったと言うことでしょう。ちなみにこういった時代の風潮は、私がキャリアデザインを考え直すきっかけを生んでくれました。

キャリアデザインを考え直すきっかけとして特に大きかったのは、会社に対する不満でしょう。30年もの時間を共に過ごしていると、その欠点というものは明確に見えてきます。元々は許容できていた点でもあまりに是正されないようであれば不満も募ってくるものです。また、老化による体力の低下も大きな原因でした。後輩社員がバリバリ働いているのを横目に、自分の体力的な限界を感じさせられることほど辛いものはありません。若い頃の自分が、今の自分とは比べ物にならないほど優れているように思ってしまいました。

さらに、自分の子どもが自立していたのも大きなきっかけだったと言えます。40代の頃は、我が子が受験勉強に勤しんでいたりするのを見て、自分も頑張らなくてはならないと鞭打っていました。しかし、無事大学に入学し、将来設計も決まって自立していった我が子をみて、「もう自分が無理をする必要は無いのかな」と思い始めました。我が子は金銭的にも自立していましたし。ゆえに私は、誰かを支えることを優先して働くのはもう終わりにして、自分がやりたいことに取り組むいい機会だと思い始めました。

そういうわけで、私はキャリアデザインを見直すためにコーチングを受け始めることにしました。コーチングを受けることで自分が予期していなかった自身の適職を見つけることもできます。私自身もそういった経験があり、今働いている職業も自分一人の力では見つけられていなかったと思っています。自力で転職先を探すことを可能ではありますが、「思っていたのと違かった」といった自体を避けるためにも、転職を考えている方にコーチングは是非ともオススメしたいです。

コーチングによってキャリアデザインを形成してもらえるのは非常に助かりますが、だからといって決して容易く転職できるとは限りません。現に私は転職の際一苦労しました。色々な求人募集を見ても、どれも月収が低いものばかり。確かに、自分のやりたいことを優先する気概はありましたが、限度というものがあります。一度それなりの収入を得て生活していたという過去があるからこそ、そこは妥協できないでいました。

それでも、案外上手くいくもので、自分の中で働きたいと思える会社が見つかり、無事就職することができました。収入面における条件もクリアしており、仕事の内容も充実しているのでとても満足しています。一時はどうなるかと不安に思うこともありましたが、結果的に満足のいく現状を迎恵まれている、大変恵まれていることだなと我ながら思います。

私は今の仕事に対して、非常にやりがいをもって働けています。前の会社での経験が活きることも多く、今までの仕事は今の仕事に就くまでの布石だったのかとさえ思うほどです。職場の周囲の人間とも上手くやれています。プライベートで飲みの席に参加することも少なくありません。定年退職まで今の仕事を全うしたいものです。

自分の経験を踏まえて、私はキャリアデザインにおいて年齢は関係ないと考えています。

現に私のような定年間近の人間でさえ理想の仕事を見つけられているのですから。ましてや3,40代の方であれば、さらに幅の広いキャリアデザインを考えることができるでしょう。そしてキャリアデザインを考え直す際、コーチングという存在は欠かせません。少なくとも私の場合、コーチングを受けていなければ、今の自分はいなかったと言っても過言ではありません。