都内で働いていた女性。コーチングを受け地元へ

2020年9月9日

私は今、地元の中部地方で勤務しています。地元で働くというのはいいものです。自分が慣れ親しんだ環境で働くことができます。今は実家で生活しているのですが、一人暮らしと比べて家賃や光熱費も浮きますし、生活に余裕が生まれます。良いことづくめの地方勤務ですが、以前私は大学進学のために上京し、そのまま東京で就職したという過去があります。都心での生活が疲れてきた私は、地元に戻ることを決意し、今こうやって生活しています。

私は10年ほど前に、東京の大学に進学しました。元々田舎で育った私は都会での生活というものに強い憧れを抱いていました。東京での大学生活は非常に楽しかったのを今でも覚えています。テレビでしか見たことのないような街に友人と出かけたり、有名なレストランにご飯を食べに行ったり。最初の頃はまるで外国に来たような気分でした。やがて就活の時期が近づいてくると、東京での暮らしを続けたいと思っていた私は東京での就職を希望し、無事に都内の企業から内定をいただきました。

そうして私は都内の某企業に就職しました。職種はあえて触れないでおきますが、当時は私なりに仕事に励んでいたと思います。日々覚えることが多く、勉強の毎日でした。社会人として当然のことではありますが、学生の頃の生活と社会人としてのそれとは全く異なるものです。次第に今まで「憧れの場所」だった東京に嫌気がさし始めるようになりました。

東京、もとい横浜や埼玉などの首都圏の社会人には共感してもらえると思いますが。朝の電車通勤は非常に辛いです。満員電車は身体的にも精神的にも負担がかかります。都会の社会人は皆同じような思いをして満員電車に揺られているのだと思いますが、私はおそらく彼らの倍以上は満員電車というものが嫌いでした。地方育ちの性がここに来て現れ始めたのだと思います。「今の生活を続けていたらおかしくなってしまいそうだ。」そう思っていた私は、正直自分の地元が恋しくなっていました。

地元に帰ってゆっくりとした環境で仕事をしたいと考えた私は、より具体的な方針を定めるためにコーチングを受けることにしました。担当の方に伺ったのは、私のように一度都会に出て来て就職し、疲れて地元に帰ろうという思う方は少なくないということでした。私は自分が社会人としてだらしないだけなのではないかという不安を抱えている節がありましたが、この話を聞いてホッとしました。また、地元に帰って地元で働こうという気概を持つ良い機会が生まれました。

こうして私は地元に帰り、地元の企業に就職しました。地元での仕事は楽しいです。まず先に言っていた満員電車の問題ですが、人口密度が低いのでほとんどその心配をする必要がなくなりました。そもそも私の地元が電車の本数がかなり少ない田舎なので、電車ではなく自家用車での出勤になったのですがね。しかし、この通勤に関する不満が解消されたことで私の抱えていたストレスは一気に解消されることになりました。

地元で働くのはそれ以外にもメリットがあります。自分と同じように地元で働いている旧友と頻繁に遊ぶこともできるのです。私の旧友には高校時代の親友から、20年来の幼馴染までいます。やはり古くからの友人とは良いもので、各々の性格が努力せずともマッチするものです。もはや家族や親戚のような存在ですよね。皆社会人なので少年の頃のように毎日遊ぶわけではありませんが、それでも日常的に連絡は取っていますし、月に1回は会って飲み会をしたりしています。

もちろん、都会を離れたことで失うものもあります。上京してから帰郷するまでの私は、東京でそれなりの交友関係を築いていました。大学の友人を始め、職場の同僚など。私が地元に帰ってしまった一方で、彼らのほとんどは都心部で働いていますから、会うことのできる機会がほとんど無くなってしまいました。中にはほぼいつも一緒にいたような友人もいるので何とも寂しいものです。また、田舎の生活は娯楽がほとんどないので退屈に感じてしまう時があります。

我ながら自分は貪欲で無い物ねだりばかりしてるなあと思います。しかしその上で、東京での生活に関しては「本当に戻りたくなったら、戻れば良いだけ」とも思っています。私は田舎と都会どちらでも社会人として生活したことがあるからこそ言えるのですが、どちらも一長一短なのです。都会で生活していれば楽しいことはたくさんありますし、田舎で生活していても楽しいことはたくさんあります。逆も然りです。もちろん今は多少の都会への寂しさを覚えつつも地元での生活に満足はしているので、東京に出戻りすることはしばらくは無さそうです。

もし本当に東京に戻りたいという気持ちが湧いて来たら、その時は再度コーチングを受けようと思っています。実際に東京から地元に帰ってくるときもコーチングを受けて背中を押してもらえましたから、逆のことでもまた勇気付けてもらえるでしょう。ひとまず今は、あのときコーチングを受けて決意が固められたことに感謝しています。